SCOOTER

DAYLIFE VERNIER

DIRECTIONAL / S-ROCKER
PRICE: ¥93,000/税別 [日本製]

サイズ 有効エッジ 接雪長 ノーズ幅 ウエスト幅 テール幅 サイドカーブ 基準セットバック 基準スタンス
159 1140 955 310 259 288 8.20/7.40m 10 560
155 1100 930 310 259 288 7.80/7.00m 10 540
151 1080 930 298.5 250 280 7.50/6.80m 10 500
147 1050 900 292 246 276 7.30/6.70m 10 480
SPECS
シェイプ:テーパードディレクショナル
サイドカット:2Rマルチカット
キャンバー形状:Sロッカー
芯材構成:高弾性グラス+ウッドコア
ホールパターン:6穴×6穴
       (147、151は5穴×5穴)
ソール材:シンタードグラファイト
ソール形状:コンベックス
ソール仕上げ:サンディングフィニッシュ
FLEX
FLEX
FLEX




日本の深雪をとことん楽しむ機能を凝縮したパウダーボード、バーニア
コンパクトかつ軽量素材による軽いスイングウエイトとパウダー内で浮力を生み出すSロッカーを設定し、パウダーで素早く自在に動けるコントロール性を追求して仕上げられたのが「DAYLIFE-VERNIER」です。テーパードシェイプにテール部分が深めにカットされた2Rサイドカーブと綿密に雪面抵抗が計算されたSロッカーを組み合わせることで、混んだツリーランでも自分の思い描くラインを素早く正確にトレースできる自在のコントロール性能を可能にしました。またパウダー内でのオーリーやテールを使った粘りのあるターンなど、テールにある程度の長さが欲しい人も存分に楽しめるバランスも特長。凹凸に叩かれ難く、様々な地形に対応するノーズフレックスやピステンバーンでは気持ちのいいカービングターンも可能にするSCOOTERテクノロジー満載のパウダーボードです。

<POINT>
ノーズロッカーを若干低めに設定し、パウダー内でのノーズの抵抗と浮力、そしてボードの走りの両方を効率化しています。テールをしっかり使えるセットバック、かつボードの動きを制限しないために開発した定評の2Rサイドカーブを持つテーパードシェイプはどんな体勢からでもスムースな切り返しが可能で、パウダー以外のバーンでもテールに粘りのあるしっかりしたカービングターンが可能です。パウダーボードながらオールラウンド性にも長けたモデルです。要望の多かった中間サイズ151も新たに追加になりました。
ノーズ側がロッカーでスタンス間がキャンバーになっている形状。パウダーでは大きな浮力を得られることに加え、接雪長が短くなることで操作性も高くなります。スタンス間のキャンバーはボードの走りと反発を提供します。浮力とコントロール性、そしてボードの走りを効率的にバランスした形状です。

SIDE CUT
  PROFILE
文字通り単一の円弧(ラディアス)から成るサイドカーブ。フレックス調整もしやすく、クセがないので多くのモデルに採用されていますが、SCOOTERでは主に操作性重視のモデルに採用しています。
採用モデル:LO-RIDER/JO125/SPLIT-JACK
2つの異なった円弧を繋いだサイドカーブ。2018-2019 SCOOTERモデルでは、ボードセンターからテール側にかけて小さめのRを繋いでテールのたわみを誘発し、動きやすさを強調しながらテール部分にパワーが十分伝わるよう設計した2Rカットを開発してます。
採用モデル: DAYLIFE-VERNIER/
DAYLIFE-THRUSTER/MACHS
ノーズとテール側に小さめのRを使い、スタンス間部分に大きめのRを繋いだ3Rからなるサイドカーブパターン。ターン中のボードのたわみを1点(センター部分)に集中することを防ぎ、高速域でもボード全体に綺麗なたわみを生み出すために設計されたSCOOTER独自の解析技術による3Rカット。強い足下のグリップでボードのバタつきを抑え、低速の操作性と高速の安定性を高いレベルで両立することを可能にしています。
採用モデル:DAYLIFE/ELS/LUXON/SCT/
G-8/REBBON/HAYATE/JO138
 
ノーマルキャンバー。ベンドによりボードがフラット時にボードの中央が持ち上がった弓なりの形状。荷重時にはノーズとテールの接点部分に圧がかかり、ノーズ、テールの喰いつきが良く、オーリーやカウンターで強いリバウンドを得ることができます。
採用モデル:DAYLIFE/ELS/REBBON/LUXON/SCT/G-8/HAYATE/JO 
ローキャンバー。形状はノーマルキャンバーと同じだがベンドが弱く中央の持ち上がりが低い。ノーマルキャンバーに比べて荷重時のノーズ、テールの圧が低く、その分足下の圧が強くなります。反発もマイルドになり、接点の引っ掛かりも軽減されパワーがなくても容易にボードコントロールが可能となります。
採用モデル:DAYLIFE-THRUSTER/LO-RIDER
Sロッカー。ノーズがロッカーでスタンス間がキャンバーになっている形状。パウダーで浮力を得ることに加え、コンタクトが短く操作性も上がります。スタンス間のキャンバーはボードの走りと反発を提供します。浮力と操作性、ボードの走りを効率的にバランスした形状です。
採用モデル:DAYLIFE-VERNIER/SPLIT-JACK
Sキャンバー。Sロッカーのキャンバー部を高く持ち上げた形状。パウダーでの浮力を確保しながらもよりボードの走りと反発を強調しています。浮力とコントロール性を強調したSロッカーに比べ、ボードの加速と走りを強調したバランスになります。
採用モデル:MACHS