SCOOTER

SCT

TWIN TIP / CAMBER
PRICE: ¥82,000/税別 [日本製]

サイズ 有効エッジ 接雪長 ノーズ幅 ウエスト幅 テール幅 サイドカーブ 基準セットバック 基準スタンス
156 1200 1160 291.0 251 291.0 AVG8.71m 複合 0 580
153 1180 1140 288.5 249 288.5 AVG8.52m 複合 0 560
151 1160 1120 286.5 247 286.5 AVG8.22m 複合 0 550
149 1130 1090 28305 245.5 283.5 AVG8.11m 複合 0 540
148 1130 1090 280.5 242.5 280.5 AVG8.11m 複合 0 520
145 1110 1070 275.5 238 275.5 AVG7.92m 複合 0 500
142 1090 1050 271 234 271 AVG7.74m 複合 0 480
139 1070 1030 267.5 231 267.5 AVG7.55m 複合 0 460
SPECS
シェイプ:ツインチップ
サイドカット:パワーカーブ
キャンバー形状:ノーマルキャンバー
芯材構成:高弾性グラス+
        カーボンリボン+ウッドコア
ホールパターン:5穴×5穴
ソール材:シンタードグラファイト
ソール形状:コンベックス
ソール仕上げ:サインディングフィニッシュ
FLEX
FLEX
FLEX




軽量で鋭い反発があらゆるトリックを可能にするフリースタイルボード
軽快でレスポンスの良いクイックな操作感で、パークライドにおいて高いパフォーマンスを生み出してきたツインチップ「SCT」。長年にわたりツインチップとしての実績を積み、パワーカーブなど多くのノウハウを投入してスペックされているシェイプは、低速の繊細なコントロールから高速安定性まで全スピード域で高いボードコントロール性を提供します。また「SCT」の特長である瞬発性に優れた素材構成により、オーリー時に高さが出しやすくボードの引きつけも容易です。パークではスピントリックはもちろん、多彩なグラブも可能にします。ボードを安心して踏んでいける足場感覚と安定したカービング能力は、他のツインチップとは一線を画す高速ターンや凹凸バーンの走破性を実現しています。軽量でクイックなトリック性能を誇りながらも高いフリーラン能力を提供するツインチップです。

<POINT>
昨年フルモデルチェンジした3Rのパワーカーブシェイプに、より調整されたフレックスバランスを投入しています。プレスやオーリー、フリーランの安定性など、全スピード域でセンタートーションを含めたボードコントロールがより洗練されています。低速時でのコントロール性を向上しながら高速域での安定性やカービング性能など、様々な方面からブラッシュアップが施されています。
「昨年第8世代のモールド(型)に変更してそのレスポンス性と安定性に好評いただいているSCTですが、今期はその操作感をキープしながらあまり硬くすることなく、さらなる加速性と安定性を得るべく開発側と綿密に連携しながらテストを繰り返し、フレックスバランスを調整して来ました。SCTはその軽さとクイックなレスポンスによってパーク内では高さも出しやすく、スパッと跳ね返るのでグラブもつかみやすくなっています。ジャンプではいつも気持ちよくトリックを繰り出せます。またパワーカーブという3Rのサイドカーブを駆使してカービングの安定性を高めており、ツインチップとは思えない感じのフリーラン性能もあります。SCTに乗っているとフリーランやカービングも楽しくなるので、自然とスピードもノリます。今シーズンのSCTはボードセンターのフレックスが若干しっかりしたことにより、オーリーもさらに簡単に高さを出せ、踏ん張り感も向上しています。SCTがもともと得意とするアイスバーンや凹凸での安定感はもちろん、今までの乗り味にプラスして、雪質を問わずフリーランを楽しめる洗練されたバランスに仕上がったと思います。是非、パークやフリーランでその進化を体験いただければと思います。」
SIDE CUT
  PROFILE
文字通り単一の円弧(ラディアス)から成るサイドカーブ。フレックス調整もしやすく、クセがないので多くのモデルに採用されていますが、SCOOTERでは主に操作性重視のモデルに採用しています。
採用モデル:LO-RIDER/JO125/SPLIT-JACK
2つの異なった円弧を繋いだサイドカーブ。2018-2019 SCOOTERモデルでは、ボードセンターからテール側にかけて小さめのRを繋いでテールのたわみを誘発し、動きやすさを強調しながらテール部分にパワーが十分伝わるよう設計した2Rカットを開発してます。
採用モデル: DAYLIFE-VERNIER/
DAYLIFE-THRUSTER/MACHS
ノーズとテール側に小さめのRを使い、スタンス間部分に大きめのRを繋いだ3Rからなるサイドカーブパターン。ターン中のボードのたわみを1点(センター部分)に集中することを防ぎ、高速域でもボード全体に綺麗なたわみを生み出すために設計されたSCOOTER独自の解析技術による3Rカット。強い足下のグリップでボードのバタつきを抑え、低速の操作性と高速の安定性を高いレベルで両立することを可能にしています。
採用モデル:DAYLIFE/ELS/LUXON/SCT/
G-8/REBBON/HAYATE/JO138
 
ノーマルキャンバー。ベンドによりボードがフラット時にボードの中央が持ち上がった弓なりの形状。荷重時にはノーズとテールの接点部分に圧がかかり、ノーズ、テールの喰いつきが良く、オーリーやカウンターで強いリバウンドを得ることができます。
採用モデル:DAYLIFE/ELS/REBBON/LUXON/SCT/G-8/HAYATE/JO 
ローキャンバー。形状はノーマルキャンバーと同じだがベンドが弱く中央の持ち上がりが低い。ノーマルキャンバーに比べて荷重時のノーズ、テールの圧が低く、その分足下の圧が強くなります。反発もマイルドになり、接点の引っ掛かりも軽減されパワーがなくても容易にボードコントロールが可能となります。
採用モデル:DAYLIFE-THRUSTER/LO-RIDER
Sロッカー。ノーズがロッカーでスタンス間がキャンバーになっている形状。パウダーで浮力を得ることに加え、コンタクトが短く操作性も上がります。スタンス間のキャンバーはボードの走りと反発を提供します。浮力と操作性、ボードの走りを効率的にバランスした形状です。
採用モデル:DAYLIFE-VERNIER/SPLIT-JACK
Sキャンバー。Sロッカーのキャンバー部を高く持ち上げた形状。パウダーでの浮力を確保しながらもよりボードの走りと反発を強調しています。浮力とコントロール性を強調したSロッカーに比べ、ボードの加速と走りを強調したバランスになります。
採用モデル:MACHS