SCOOTER

DAYLIFE

DIRECTIONAL
PRICE: ¥84,000/税別 [日本製]

サイズ 有効エッジ 接雪長 ノーズ幅 ウエスト幅 テール幅 サイドカーブ 基準セットバック 基準スタンス
160 1240 1200 297 255 294 Avg.9.12m 複合 10 580
157 1220 1180 291.5 250 288.5 Avg.8.91m 複合 10 580
154 1200 1160 289.5 248 286.5 Avg.8.65m 複合 10 560
151 1180 1140 287.5 246 284.5 Avg.8.37m 複合 10 540
150 1160 1120 285 243 282 Avg.7.93m 複合 10 510
146 1130 1090 281.5 240 278.5 Avg.7.60m 複合 10 500
142 1110 1070 276.5 235 273.5 Avg.7.32m 複合 10 480
138 1090 1050 271.5 230 268.5 Avg.7.05m 複合 10 460
SPECS
シェイプ: テーパードディレクショナル
サイドカット: 3Rパワーカーブ(マルチサイドカット)
プロファイル: ノーマルキャンバー
芯材構成: 中弾性グラス+ウッドコア+アスナー振動吸収
ホールパターン: MEN/6穴x6穴、WOMEN/5穴x5穴
デッキ: 艶仕上げ
ソール: シンタードグラファイト
ソール形状: コンベックス
ソール仕上げ: クロスストラクチャー
FLEX
FLEX
FLEX
FLEX



多様な雪質や地形も楽しむフリーカービングモデルの決定版
“気持ちのいいフリーラン”を追求し続け、3Rパワーカーブやセミテーパードシェイプ、アスナー振動吸収材など、長年のテスト経験から培った多くの技術を集約してあらゆるバーンで最高の乗り味を可能にしたフリーライドモデルが「DAYLIFE」です。力強いカービングターンを実現しながらの操作性の高さ、凹凸バーンでもたたかれ難い安定性など、全てが高いレベルで融合。不整地やアイスバーンなど、全雪質における総合性能が最大限に引き出されたフリーライドモデルの決定版です。

<POINT>
20年以上も曽根和広と共に変わらぬコンセプトで“滑り”を追求し続けている「DAYLIFE」。洗練された3Rのサイドカーブと弱テーパードのシェイプは、カービング時に必要なノーズ、テール接点のエッジグリップをコントロールし、足下部分のエッジもしっかり使うマニュアル系のスピードカービングを実現します。そのため高いエッジグリップがありながら引っかかり感がなく、高い操作性とともにアイスバーンや不整地など、厳しいバーン状況でも安心のエッジングと長距離ライディングでも疲労を軽減する安定性を誇ります。2020-2021モデルではアスナー振動吸収材を再構成することで、さらなるブラッシュアップに成功しました。
SIDE CUT
  PROFILE
文字通り単一の円弧(ラディアス)から成るサイドカーブ。フレックス調整もしやすく、クセがないので多くのモデルに採用されていますが、SCOOTERでは主に操作性重視のモデルに採用しています。
採用モデル:Lo-Rider/SPLIT-JACK-159/JO-125
2つの異なった円弧を繋いだサイドカーブ。ボードセンターからテール側にかけて小さめのRを繋いでテールのたわみを誘発し、動きやすさを強調しながらテール部分にパワーが十分伝わるよう設計した2Rカットを開発してます。
採用モデル: DAYLIFE-VERNIER/DAYLIFE-THRUSTER
ノーズとテール側に小さめのR使い、スタンス間部分に大きめのRを繋いだ3Rからなるサイドカーブパターン。ターン中のボードのたわみを1点(センター部分)に集中することを防ぎ、高速域でもボード全体に綺麗なたわみを生み出すために設計されたSCOOTER独自の解析技術による3Rカット。強い足下のグリップでボードのバタつきを抑え、低速の操作性と高速の安定性を高いレベルで両立することを可能にしています。
採用モデル:DAYLIFE/MACHS/GRAN’MACHS-167/REBBON-R/G8-STEER/G8/SCT/LUXON/SPINOR/JO-138
 
ノーマルキャンバー。ベンドによりボードがフラット時にボードの中央が持ち上がった弓なりの形状。荷重時にはノーズとテールの接点部分に圧がかかり、ノーズ、テールの喰いつきが良く、オーリーやカウンターで強いリバウンドを得ることができます。
ローキャンバー。形状はノーマルキャンバーと同じですがベンドが弱く中央の持ち上がりが低い。ノーマルキャンバーに比べて荷重時のノーズ、テールの圧が低く、その分足下の圧が強くなります。反発もマイルドになり、接点の引っ掛かりも軽減されパワーがなくても容易にボードコントロールが可能となります。
採用モデル:DAYLIFE-THRUSTER/Lo-Rider
S-ロッカー。ノーズがロッカーでスタンス間がキャンバーになっている形状。パウダーで浮力を得ることに加え、コンタクトが短く操作性も上がります。スタンス間のキャンバーはボードの走りと反発を提供します。浮力と操作性、ボードの走りを効率的にバランスした形状です。
採用モデル:DAYLIFE-VERNIER/ GRAN’MACHS-167/SPLIT-JACK159
S-キャンバー。S-ロッカーのキャンバー部を高く持ち上げた形状。パウダーでの浮力を確保しながらもよりボードの走りと反発を強調しています。浮力とコントロール性を強調したS-ロッカーに比べ、ボードの加速と走りを強調したバランスになります。
W-キャンバー。スタンス間がロッカーでノーズとテールにキャンバーを配置した形状。ボード全体としてロッカー形状になるため、ボードの取り回しが軽くプレスなどの足の引き上げも容易です。足下部分のキャンバーによってオーリーの反発やカービングの安定性を提供します。
採用モデル:SPINOR