SCOOTER

G8-STEER

DIRECTIONAL TWINTIP
PRICE: ¥80,000/税別 [日本製]

サイズ 有効エッジ 接雪長 ノーズ幅 ウエスト幅 テール幅 サイドカーブ 基準セットバック 基準スタンス
156 1200 1160 290 251 290 7.80/9.10m/7.80 20 560
153 1170 1140 287 249 287 7.50/8.90m/7.50 20 540
151 1150 1120 285 247 285 7.25/8.60m/7.25 20 520
144 1090 1050 272 236 272 6.60/7.90m/6.60 20 480
SPECS
シェイプ: ツインチップ
サイドカット: 3Rパワーカーブ(マルチサイドカット)
プロファイル: ノーマルキャンバー
芯材構成:中弾性グラス+ウッドコア
ホールパターン: 5穴x5穴
デッキ: マット仕上げ
ソール: シンタードグラファイト
ソール形状: コンベックス
ソール仕上げ: サインディングフィニッシュ

FLEX
FLEX
FLEX




ツインの操作性と心地よいフリーランを提供する ディレクショナルツインチップが登場
操作性と安定性のバランスに優れた実績を持つG8のツインシェイプを起用し、よりフリーラン向けにフルチューニングされたディレクショナルツインチップが「G8-STEER」です。G8のモールドに反発を高めた構成材を使用、フレックスもセットバックでバランスされています。ソフトで軽量なG8の高い操作性を維持しながらカービング性能と高速安定性、そしてテール抜けの良い地形の対応性など、フリーランを楽しめる要素が満載です。パークはもちろん、トリックを入れながらのフリーランなど、その軽快性をいかしたクルージングが可能です。しっかりフリーランを習得したい初級者からラントリをしたいエキスパートまで、スキルレベルやスタイルを問わず全地形で軽快なフリーランを提供する「G8-STEER」の登場です。
<POINT>
田中陽使用モデルであるG8の3Rパワーカーブのツインシェイプは、もともと動きやすさとターン性において優秀ですが、そのモールドに軽量で反発を高めたグラスを使用。セットバック20mmでフレックスパターンもセットバックに合わせて再構築しています。G8よりも反発が上がった分やや硬くなっていますが、全体的にはミッドソフトになっています。雪が降った時や地形ライドでもテールが邪魔にならないので、抜けも良くスムースなライディングが可能です。柔らかめで動きやすいのにしっかりフリーランができるディレクショナルツインチップです。
SIDE CUT
  PROFILE
文字通り単一の円弧(ラディアス)から成るサイドカーブ。フレックス調整もしやすく、クセがないので多くのモデルに採用されていますが、SCOOTERでは主に操作性重視のモデルに採用しています。
採用モデル:Lo-Rider/SPLIT-JACK-159/JO-125
2つの異なった円弧を繋いだサイドカーブ。ボードセンターからテール側にかけて小さめのRを繋いでテールのたわみを誘発し、動きやすさを強調しながらテール部分にパワーが十分伝わるよう設計した2Rカットを開発してます。
採用モデル: DAYLIFE-VERNIER/DAYLIFE-THRUSTER
ノーズとテール側に小さめのR使い、スタンス間部分に大きめのRを繋いだ3Rからなるサイドカーブパターン。ターン中のボードのたわみを1点(センター部分)に集中することを防ぎ、高速域でもボード全体に綺麗なたわみを生み出すために設計されたSCOOTER独自の解析技術による3Rカット。強い足下のグリップでボードのバタつきを抑え、低速の操作性と高速の安定性を高いレベルで両立することを可能にしています。
採用モデル:DAYLIFE/MACHS/GRAN’MACHS-167/REBBON-R/G8-STEER/G8/SCT/LUXON/SPINOR/JO-138
 
ノーマルキャンバー。ベンドによりボードがフラット時にボードの中央が持ち上がった弓なりの形状。荷重時にはノーズとテールの接点部分に圧がかかり、ノーズ、テールの喰いつきが良く、オーリーやカウンターで強いリバウンドを得ることができます。
ローキャンバー。形状はノーマルキャンバーと同じですがベンドが弱く中央の持ち上がりが低い。ノーマルキャンバーに比べて荷重時のノーズ、テールの圧が低く、その分足下の圧が強くなります。反発もマイルドになり、接点の引っ掛かりも軽減されパワーがなくても容易にボードコントロールが可能となります。
採用モデル:DAYLIFE-THRUSTER/Lo-Rider
S-ロッカー。ノーズがロッカーでスタンス間がキャンバーになっている形状。パウダーで浮力を得ることに加え、コンタクトが短く操作性も上がります。スタンス間のキャンバーはボードの走りと反発を提供します。浮力と操作性、ボードの走りを効率的にバランスした形状です。
採用モデル:DAYLIFE-VERNIER/ GRAN’MACHS-167/SPLIT-JACK159
S-キャンバー。S-ロッカーのキャンバー部を高く持ち上げた形状。パウダーでの浮力を確保しながらもよりボードの走りと反発を強調しています。浮力とコントロール性を強調したS-ロッカーに比べ、ボードの加速と走りを強調したバランスになります。
W-キャンバー。スタンス間がロッカーでノーズとテールにキャンバーを配置した形状。ボード全体としてロッカー形状になるため、ボードの取り回しが軽くプレスなどの足の引き上げも容易です。足下部分のキャンバーによってオーリーの反発やカービングの安定性を提供します。
採用モデル:SPINOR