SCOOTER MFG
DAYLIFE-VERNIER
¥102,300
(税抜価格¥93,000)
[日本製]

世界に誇る日本のパウダーを
洗練されたシェイプでとことん楽しむ




159

155

151

147



155と159はスタンス間にカーボンのリブが配置されています。全体のフレックスを硬くすることなく、荷物を背負った時の高速ターンなど、過度の負荷がかかった時にボードのたわみ過ぎを制御しながら安定して走るターンを可能にしています。パウダー内で一旦停止した時の立ちやすさやスタート時、地形への対応能力、トラックが入った凹凸のあるバーンなど、コントロール性を犠牲にすることなく、高負荷の高速ターンまで対応します。ノーズロッカーの角度や有効エッジ位置など、細部にわたり調整し洗練されたシェイプを持ち、ディープパウダーの不自由な状況下でもできる限り動けるよう考慮されたパウダーボードです。



曽根和広
 「DAYLIFE-VERNIER」は、DAYLIFEシリーズの中で最もパウダーに特化したモデルです。特に日本のパウダー環境を考慮し、様々な状況で動きやすく開発されています。日本に多いツリーランでは長すぎても大変ですし、深く軽い雪では大きな浮力が必要です。また、ただでさえ動くのが大変なパウダーなので、ボードが思い通りに動いてくれるかどうかも非常に大事ですね。「DAYLIFE-VERNIER」は、それらの要素を全て考慮して設計しています。”例えばパウダーの中で一旦止まってから動きだす”みたいな時も、雪の上にすっと止まれてバランスが取りやすく、そのまま滑り出すのもすごく楽です。止まった時にボードがちょっと沈んでいたりすると、立っているのも滑り出しもきついですよね。僕はパウダーでテールも結構使うんですが、地形で加速したり、パウダーでオーリーしたり、テールでターンしたりなど、セットバックも大きくなく、テールの長さもしっかりあるので安心してテールを踏んで行けます。テールのサイドカーブがしっかりあるのでテールもよく動きます。普通にゲレンデをクルージングするにも動きが良くて面白いので、パウダーがなくてもおすすめしたいモデルですが、特に「DAYLIFE-VERNIER」のパウダーでの動きやすさは是非一度体感してほしいですね。


日本のパウダー環境を考慮したコンパクトかつ軽量設計による軽快なスイングウエイトと、洗練されたS-ロッカーによる浮力と推進力、そして素早いターン能力など、パウダー内で自在のコントロール性を追求したパウダーモデルが「DAYLIFE-VERNIER」です。綿密に計算されたノーズロッカーとテーパードされたシェイプに適したセットバックによってバランスされたフレックスは、狭い木々の間でも行きたいラインを正確に素早く描ける高いコントロール性と推進力を提供します。またテール側に深めのラディアスが配置された2Rサイドカットは、爽快なテールターンや地形の加速性、オーリー能力など、自由なテールコントロールとともに日本のあらゆるパウダー環境をあらゆるスタイルで存分に楽しむことができます。さらに凹凸をいなすノーズフレックスなどパウダー以外の不整地や地形にも柔軟に対応し、ピステンバーンではスムースなカービングターンも軽快にこなす日本のパウダーボードが「DAYLIFE-VERNIER」です。

サイズ 有効エッジ 接雪長 ノーズ幅 ウェスト幅 テール幅 サイドカーブ セットバック 基準スタンス
159 1140 955 311 260 291 8.20/7.20m 10 560
155 1100 930 308 258 289 7.90/6.80m 10 540
151 1080 930 298.5 250 280 7.50/6.80m 10 500
147 1050 900 292 246 276 7.30/6.70m 10 480