Scooter Material & Technology


SCOOTER SNOWBOARDは全て自社開発、自社生産によって生み出されています。 長きにわたる膨大なテストライドの経験から人間工学に基づいた最適解のマテリアルを厳選し、 最高の技術で加工し、ボードの適所に組み込んでいます。





SHAPE



ディレクショナル
前後非対称で進行方向が決まっているアウトライン。ノーズがテールより長くなる 。 ノーズ幅を広く、テール幅を狭く設計している。切り返しのスムースさやテールの抜け、高速安定性を考慮したシェイプになります。



ツインチップ
ノーズ、テールが同じ形で前後対象のアウトライン。 ボードセンターに重心がくるためスイングウエイトが軽く、スイッチライディングやクイックな操作性を考慮したシェイプ。 主にトリック系のモデルに採用されている。



ディレクショナル CST
ディレクショナルシェイプにコンタクトシフト(接点移動)を取り入れたアウトライン。 有効エッジが長くなるためハンマーヘッドに近いノーズ形状になります。エッジの食い付きが良く、カービング向けモデルに採用されています。



ディレクショナルツイン
ツインチップのスタンスをセットバックし、ディレクショナルのフレックスパターンを施しています。 ツインの操作性とディレクショナルの安定性を融合したオールラウンド性に優れたセッティングです。





SIDE CURVE



シングルサイドカーブ
文字通り単一円弧のサイドカーブ。 癖がなくフレックスの調整幅も大きい一般的なサイドカーブです。



2Rサイドカーブ
2つの異なった円弧を繋いだサイドカーブ。 SCOOTER ではボードセンターからテールにかけて小さめのRを繋いでテールのたわみを誘発し、 テールのコントロール性を高めテール部分にパワーが十分伝わるよう設計しています。



3Rパワーカーブ
パワーカーブ。ノーズとテールに小さめのRを使い、 スタンス間部分に大きめのRを繋いだ3Rからなるサイドカーブ。ターン中のボードのたわみを1点(センター部分)に集中することを防ぎ、 荷重時のボードに綺麗なたわみを生み出すためにSCOOTER独自の解析技術によって設計されています。 よりエッジ全体を使った走りのあるターンと強いエッジグリップ、 そしてボードのあばれを抑えた高速安定性と低速の操作性を高いレベルで両立します。




PROFILE



ノーマルキャンバー
スノーボードをフラットにした時にスタンス間が持ち上るベンドが付いている。 足を乗せて荷重した状態ではノーズとテールの接点部分に圧がかかるため、ノーズ、テールの食いつきが良く、 オーリーやリバウンドで強い反発を得ることが出来る。



ローキャンバー
ノーマルキャンバーとゼロ(フラット)キャンバーの中間の形状。 荷重時ではノーマルキャンバーに比べてノーズ、テールの圧が低く、反発もマイルドになり、容易なボードコントロールが可能。 パウダーではノーズの刺さりも軽減する。



Sロッカー
ノーズ側がロッカーでスタンス間がローキャンバーになっている形状。 パウダーでは大きな浮力を得ることが出来ることに加え、接雪長が短くなることで操作性も上がる。 スタンス間のキャンバーはボードの走りと反発を提供する。



Sキャンバー
Sロッカーのスタンス間にあるローキャンバーを高く持ち上げた形状。 パウダーでの浮力を確保しながらボードの走りと反発を強調している。



ダブルキャンバー
ロッカーの足下部分がキャンバーになっている形状。 荷重時にノーズ、テールを押さえることが可能でオーリー時の反発を得ることが可能。





FOOT PLATE


ビンディングの角部やデッキ面側からの衝撃や負荷からボードを守る為、 足下部にグラスファイバーを編み込んだプレートを入れて保護しています。



ミニマムプレート
独自開発したMINIMUM FOOT PLATE。 ビンディングとの接面はしっかり保護しつつ、荷重時におけるウッドの自然なたわみを阻害しないミニマムプレートデザインが特徴。 SCOOTERでは多くのモデルにこのプレートを採用しています。



ラージプレート
MINIMUM FOOT PLATEに比べ、面積が大きく肉抜きも少ないLARGE FOOT PLATE。 ビンディングや上面側の衝撃からデッキをしっかり保護します。荷重時におけるウッドのたわみを阻害しないよう スリットを入れたデザインが特徴。デッキに大きな負荷のかかるグラトリモデルのSPINORにのみ、このプレートを採用しています。





TOP SHEET


SCOOTERでは軽量かつ必要十分な強度をもつトップシートを3種類に厳選。 それぞれのモデルのコンセプトに合わせて、最適なトップシートを採用しています。



ABS トップシート
薄くて軽量、そしてしっかりとデッキ面を保護する強度面で最もバランスの取れた 標準的トップシート。デザイン性にも優れ、弾性も程よく、多くのモデルで採用されています。



PA トップシート
軽量かつ強度に優れたトップシート。標準のABS トップシートより厚く強度があり反発も強い。 ストラクチャーシートとも呼ばれ、ザラザラした凹凸加工の表面が特徴。強度と反発が特に必要なモデルで採用しています。



V トップシート
軽量かつハリのあるトップシート。粘りが少なくしっかりしているので、軽快なPOP感が特徴。 軽快感と動きにこだわったパウダーモデルで採用しています。





CORE TECH


自社工場のメリットを活かし、ウッドコアは全て自社設計、自社生産しています。 SCOOTERでは厳選されたウッドから、軽さを維持しつつ、強度が必要な部分にのみ しっかりしたウッドをリブ状に配置し、軽量ながら必要十分な強度を持つコアを開発。 それぞれのライディングスタイルに合わせたコアを3種類使用しています。



フリースタイルコア
軽量ウッドに高反発ウッドと高強度ウッドを適所に組み込んだオールウッドコア。 反応が早くオーリー時などの軽快な反発が特徴。操作性にこだわったフリースタイルモデルやワイドモデルに採用しています。



フリーライドコア
軽量ウッドに粘りのあるウッドと高強度ウッドを適所に組み込んだコア。 中弾性で反応が程よく、ターン中も粘りを感じられるのが特徴。フィーリング重視のフリーライド系のモデルに採用しています。



軽量フォームコア
軽量ウッドの約1/3の軽さを持つフォーム材を適所に組み込んだ、 SCOOTER最軽量のハイブリッドコア。非常に軽量でレスポンス性に優れた反発が特徴。 軽量化にこだわったグランドトリックやハイエンドフリーライドモデルに採用しています。





FRP



2層FRP
縦横比が計算されたグラスファブリック2層FRP。 横方向の繊維が多く、粘りと反発が程よくバランスしています。3LAYERに比べてしなやかなFRPになります。



3層FRP
縦横比が計算されたグラスファブリック3層FRP。 縦方向の繊維が多くハリがあり、オーリーなどで高反発となります。



2層FRP+カーボン
2LAYER FRPのグラスファブリックに部分的にカーボン繊維を縦方向に編み込んだ特殊設計FRP。 カーボンが混合することで柔らかさと反発が融合し2LAYER FRPとはまた違う反発を生み出します。





SOLE


SCOOTERではソール素材に最高級の超高分子ポリエチレン素材を使用。 ワックスの浸透、持続力に優れる素材を、日本の雪を知り尽くし、 熟練した職人が仕上げることで、美しい仕上がりと最高の滑走性能を提供します。



シンタードグラファイト
超高分子ポリエチレン素材にグラファイトを混ぜ込んだブラックソール。 滑走時の静電気発生を抑制し、滑走性を維持できるソールになっています。



シンタードナチュラル
ワックスの浸透、持続力と滑走性に優れる超高分子ポリエチレン素材です。 不純物の含有量が少ない半透明色が特徴でデザイン性にも優れています。



コンベックス
ソールを船底形状に仕上げることで余計なエッジの引っ掛かりを防ぎ、 ビべリング同様の効果を提供します。ボードがフラット時の滑走性が高く、エッジtoエッジの切り替えしもスムースです。 SCOOTERでは全モデルのソールにコンベックス形状を採用しています。



サンディング仕上げ
熟練した職人によって丹念に仕上げられたサンディングフィニッシュ。 高性能なシンタード素材を最大限に引き出す国産ならではの精密な仕上げ工程により、オールシーズン快適な滑走性を提供します。



クロスストラクチャー
滑走性を上げるためソール面に沿ってクロス目(X)に細かく刻まれた ストーンストラクチャー仕上げ。長年のファクトリーの経験によって様々な雪質に対応し、 SCOOTERではコンベックス形状のソールに沿ったストーン仕上げ。





SPECIAL



アスナーラバー
素直でしなやかなフレックスの構築と振動吸収を促進する特殊素材のラバーテープです。 高速域や凹凸バーンにおいて極めて高い安定性を実現します。暴れたり弾かれたりしない、安定感ある乗り味に大きく貢献しています。



カーボンレイ
強く太いカーボン繊維のリボンです。 伸縮に強いカーボン繊維がボードの下面にあることで、ボードのたわみ量を制御しながらトーションとフレックスをコントロール、 強い荷重時にもしっかりたわみ量をコントロールし、走るターンと優れた安定性を実現しています。



カーボンリブ
反発強化やフレックスコントロールのため、 幅細カーボンリブをモデルのコンセプトに合わせた位置に組み込んでいます。長さや位置の調整がしやすく、 部分的に強化可能なのでオーリーの反発やセンタートーションのコントロールなど、 各モデルのコンセプトにあわせて最適なバランスが追求されています。






TOPに戻る

FT YOHAKU